休みの日。お気に入りの過ごし方

天気の良い午後の日、やりたくなることはお気に入りの本、面白い本を読みながらお昼寝することです。お昼寝ってどうしてあんなに気持ちが良いんでしょうね!?毎日していてもちっとも飽きない習慣。むしろ毎日したいことのです。昼寝から目覚めた時にぼーっとまどろむのもまたまた良いですよね。

学生のときは学校が遠いところにあったので通学時間がいつもとっても長かったんです。電車の中で一日3時間を過ごすことなんてザラ。だからちょっと考えてみたのが、電車の中でする読書や勉強。でもこんなふうに脳を使うことをやっていると必ず疲れていつも電車の中は睡眠タイムでした。心地いい電車の揺れが気持ちよくて、ウトウトしながらまどろむのが好きでした。学生時代の思い出です。

今でもちょっと空き時間に仮眠を取る習慣はしっかりと私の体の中に残っているようです。天気のいい日、心地よい日はゆっくりとお気に入りの本ページを開きながら昼寝をする、こんな贅沢な時間がずっと続けばいいのになぁ、なんて思っています。